『童話って本当は残酷~こんな七夕伝説は嫌だ!~』

誰もが聞いたことのある七夕伝説、織姫と彦星のお話。
じつは……仮の姿だったのです。
知ってますか?童話って本当は残酷、なんですよ?

【CAST】
織姫:城元優杞
彦星:池渕智也
天の神様:山本雄斗
ナレーション:有川なずな

【シナリオ】
筑波茉理奈

【イラスト】
東山香菜

【演出】
平松広和

◆シーズンズ
ガジェットリンクの新人声優によるオムニバス形式のボイスドラマ。
毎月「季節」をテーマにさまざまなオリジナルストーリーを配信して行きます。

自分の中でイメージの熱量は高くとも

蒸し暑いお天気ですが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?
はじめまして、はつひと申します。

私たちは今、セリフ課題に取り組んでいます!
きちんと読解をした後、みんなそれぞれ想像してきた設定で、相手役を立てて演じました。

私は、自分の役にはしっかり設定をしてきましたが、相手役の設定が甘かったために、観ている人に設定があまり伝わりませんでした。
自分や相手の役を含めて、シチュエーションや感情をより詳しく具体的にしていくことで、観ている人との「温度差」を埋めていく。
たとえ、自分の中でイメージの熱量は高くとも、曖昧なままではお客様は共有や共感ができない。
平松さんの仰られた「温度差」という表現が非常に印象に残りました。

役をしっかりと読解して捉えて向き合い、それをきちんとお客様に伝わるように表現する。
伝わる表現に向けて、さらに力をつけていきたいと思います!

平成最後の夏、長くなりそうですが、それ以上のアツさで精進!
次回の更新も、きっとアツいはず(笑)

以上、はつひでした!またお会いしましょう!

目の前にいない相手をしっかりと意識する

梅雨が明けて急激に夏が近づいてまいりました!
稽古場日記を担当させていただきますseaと申します!

今回の課題台詞には相手の台詞がありません!
ですが、それは相手がいないということではないんです!

台詞の中に潜む相手の動き、息遣いを感じながらそれを表現するというのは自分が思っているより難しく、自分では出来ているつもりでも聞き手には伝わりにくいです!

更に自分のキャラクター、相手のキャラクター、関係性や状況に至るまでを相手の台詞無しにワンシーンで伝えるのはとても難しく、メリハリも大切になってきます。

レッスンでは2人1組で相手が動いてくれているので想像しやすいですが、実際収録は相手が必ずしも同じブースに存在するという訳では無いので、自分の頭の中で相手像をしっかり組み立てられるようになる事が自分の当面の課題です!

さて!長くなってしまいましたが、今回、伝えたい事をまとめますと、「目の前にいない相手をしっかりと意識する!」ということです!

以上、今回の稽古場日記はseaがお送りしました!

次回の稽古場日記もお楽しみに!

汗をかくくらい一生懸命に演技をする

初めまして!ちゃんみおと申します!!

だんだん雨も少なくなって夏に近づいてきましたね!!
水分補給が欠かせない…皆さんも熱中症には気をつけてくださいね!!

さてさて、夏といえば暑いですね!
暑いといえば汗をかきますね!!

前回と今回と指定されたセリフのレッスンでしたが、その時に平松さんが仰った「汗をかくくらい一生懸命に演技をしなさい」というご指導がとても印象に残りました!

演技が終わった後…汗かいてない!!
まだまだ一生懸命全力じゃないんだな!と毎回反省反省です……

次こそは!「暑いから」ではなく「演技」で汗をかけるように!!
フルパワーでぶっ倒れるくらい頑張ります!!

皆さんも暑さに負けずフルパワーで頑張っていきましょうね!!
あ、でもぶっ倒れないように気をつけてくださいね!!笑

以上、ちゃんみおでした!
次回の稽古場日記もお楽しみに!(・ω・)ノシ

自覚しているから治るものとは限らない

おはこんばんにちは(´∀`)
今回はたそが稽古場日記を書かせていただきます!!

いつも課題の前には必ず発声や腹式呼吸など、レッスン前のストレッチと言えばいいんでしょうか?をやってます。

その内容の中でざっくり言えば、ペアを組んで片方に引っ張ってもらい、引っ張られる側は姿勢を綺麗に保ち引っ張られないように逆に引っ張りながら、五十音を2回繰り返し発声するものがあります。説明が下手ですみません(泣)

五十音2回繰り返し終わったあと平松さんからいくつかアドバイスをもらいました。それは「あごを上げすぎだから自分が思ってるよりもっと引いて」というアドバイスでした。

実はこれ専門学校時代にも言われたことがあって、自分なりには意識して治しているつもりだったんです。でも自分では治せているつもりでも他から見るとまだまだ治っていない、自覚しているからってすぐに治せるわけじゃないんだなぁと改めて痛感させられました…。
稽古場には鏡があるので鏡を見ながら治していきたいです!

肝心の課題は「感情を爆発させるセリフ」のレッスンでした。
男女でセリフや感情の起伏が微妙に違うんですが、女性は最後に「……ねぇ!」と叫びます。これは結構上手くできているんじゃないかと自負してます!元々明るいキャラとか叫ぶセリフとか得意なのでそこは極めつつ、逆に大人しいキャラや落ち着いたセリフは苦手なので要練習です(笑)

基礎的な意味でも演技面でも少しずつ自分への課題を見つけて乗り越えて行きたいです!!

ではでは~