自分で限界を決めず、人生をかけて真剣に取り組む

おはようございます!
気がつけばもう9月に入り、朝晩の寒さに秋の訪れを感じております…皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
堅苦しい挨拶から入ってしまいましたが、初めてブログを担当させて頂きますポッピンです!よろしくお願いいたします!

さて、9月といえばわたし達レッスン生にとって大切な行事、「所内審査」があります。
所内審査一週前の最後のレッスンはいわば追い込みです。自分達が考えたセリフやナレーションを平松さんにご指導頂ける最後の機会!
広島から来たという見学者さんたちに見守られ(?)ながらわたし達のレッスンは始まりました。

クラスの雰囲気はいつも以上に緊張感に満ちていて、全力投球で自分達が用意したキャラクターを演じます。
「自分はこういう事を聞いている人に伝えたい!」「事務所に自分の成長を見て頂きたい!」
クラスの人達の強い主張がわたしにもビシビシ伝わり、わたしも負けないぞ!!と改めて感じました。

3時間の濃密なレッスンはあっという間に終わり、最後に平松さんが
「人生を左右する一週間になる」と仰いました。
この審査前の一週間でどれだけ自分が成長できるか、自分の作った台詞やナレーションと向き合えるかでこれから人生が決まる。自分で限界を決めず、人生をかけて真剣に取り組むことをお教えくださいました。

人生を左右する一週間をどれだけ有意義過ごし、成長するかはわたしの努力次第です。
この1週間、人生をかける気持ちで自分の課題と向き合っていきます。
長くなってしまいましたが…最後まで読んでくださりありがとうございました!

所内審査まであとわずか!

所内審査まであとわずか!

生徒のみんなは緊張でいつもより食欲が旺盛になり、体重計に乗るのが怖い。なーんて日々を過ごしてます。

え?

私だけ?

…ご飯が美味しい季節ですね。

さて!自己紹介が遅れました。

わたくし『ひなこ』と申します ( ‘ω’ )ノ はじめまして~。

いつも適当にふざけたことばかり言っているので、クラスでは完全にボケ担当扱いです。
私だってツッコミくらいできるんですからね!

そんな私が今回満を持してブログに初登場です。

さーて。何を書こうかなー。みんなは何書いてほしい?
…レッスンの内容?真面目だねえ。
じゃあちょこっとだけ教えちゃいましょう!

「ちょこっとじゃなくて全部書かんかーい!」

ほらね。ツッコミもできたでしょ?

雑とか言わない。

ではまずレッスンが始まる前の様子からいきましょう!

今日は早口言葉をやりました。
みなさんはこれ言えますか?

「旅客機100機 客各100人」

滑舌練習のための早口言葉ってあれでしょ?一つ一つちゃんと発音できてれば早口じゃなくてもいいんでしょ?こんなの余裕だよね~?

ってね。自信満々にやってやったわけですよ。

「リョカッキ ヒャッキ キャクキャ…」

「リョカッキ ヒャッキ カク…」

「ロカッ…」

言えてないじゃん!
ゆっくりでも言えてないじゃん!!
むしろこれ3回繰り返すやつなのに1回も正しく言えなかったじゃん!!!

言えると思ってたのが言えないってかなり悔しい…。

他にもいろいろな早口言葉があったので、隣にいた子に「これ3回言ってみ?」と無茶ぶり。
また自分が言えなかったら恥ずかしいからってね、他の子に言わせるなんてね。
でも彼女、ちゃんとすらすら言えるじゃありませんか。

…悔しい!

とは顔に出さず、言い終わった彼女にすかさず肘を指さして「ここは?」

「ひざ。……あーっ!」

…とまあ可愛いオチがついたのでそろそろ本題のレッスンの話をしましょうかね。

注意※早口言葉は肘とも膝とも全く関係のない内容でした。

所内審査の前の特別レッスンは今回で3回目!
そして、ラストです!

今回の内容は、過去2回で細かくご指導いただいたナレーションとセリフのおさらいです。
今までに講師の平松さんに言われたことを思い出し、全力でやりきりました!

1回目のときに言われた「声が出ていない」という指摘。

なんとかしなければと思った私はセリフ3つのうち2つを変更。
声を前に出せて、かつ感情を3つ以上込められる内容に。
ナレーションも合わせて、今回のレッスンでなんとか形になったんじゃないでしょうか。

あとはもう緊張との戦いだ!!

そう。緊張との戦いなんです。
実は今回、おさらいが終わったあと、本番の流れにそって順番通りに座り、本番同様にやったんです。

私は順番が最後の方なので、最初の方の人たちがやっているときは心に余裕があったわけですよ。
来週は緊張するだろうから、こんなに穏やかな気持ちでみんなのを見るのは今日が最後かな。なんて思いながら。

しかし、自分の順番が迫ってくるにつれて緊張メーターが急上昇。3人前くらいからもうね、やばかったです。

何もないのに喉に異物があるような気がする…!

必死に唾をごっくんごっくんする私。
前の人の順番が終わり、次は私の番…!

「次」

「…はい!」

所内審査、本番まであとわずか。

緊張を想定した練習をしよう。
そう心に誓った、ひなこであった。

《完》

レッスンの内容、なんだか真面目に書いちゃった気がするなあ…。
いや、いいんだよ。真面目に書いていいんだよ。真面目にレッスン受けてるんだから。

なんだったら変な文章が無いか読み返しすぎて面白いと思ってもらえるかどうか自信がなくなってきたよ。

ねえ、みんな、面白いですか?(聞くな)

かなーり長くなってしまったので、今回はここまで!
最後まで読んでくれてありがとうございました((*_ _)
スクロールを頑張った指を労わってあげてくださいね。

お相手は、帰り道、道路に面したとあるアパートの自転車置き場に洗濯機が置かれていて、2度見ならぬ3度見をした、ひなこでした~ ( ‘ω’ )ノ またね!

積み重ねはとても大事なもの

今回初めてブログを書かせて頂きます、きのこと申します。
ただいま絶賛、食後のデザート中です(笑)

夏も終わりようやく秋らしい風が吹いてきました~
秋といえば!!そう!なんと言おうと!食欲の秋でございます!!
サンマに松茸、栗にかぼちゃ、ぶどう!
今からとても楽しみです~~

さて、今週も所内審査に向けたレッスンでした!
対策レッスン2週目!ということもあり、みんな気合いが入っていたように思います。
やはり積み重ねはとても大事なものだなとひしひしと実感しております。
所内審査まであと1週間…。この1週間で自分のやりたいこと伝えたいことをまとめ当日全力で臨みたいと思います!

最後に…朝方など寒くなってきましたので、体調管理には気を付けていきましょう!
最後まで読んで頂きありがとうございました。

以上きのこでした。

自分で用意したのだから分かっていて当然?

9月に入り、いよいよ審査が間近に迫って来ました。

各自用意したセリフとナレーションの原稿をよく読み込み、それを全て出しきるために、自分含め、皆四苦八苦しているようです。

自分で用意したのだから分かっていて当然と思いがちですが、いざやってみると、実は何も分かっていなかった、分かっているのにそれが表現できなかったなど、9月最初の対策レッスンは「自由故の難しさと向き合う」形になりました。

レッスンはあと1回、審査まで残り少ない時間でどれほど練り込み、作り上げることが出来るのか。

今までの稽古で培ったものを十二分に出し、最高の状態で審査に臨みたいです。

セリフ一つ一つ、言葉一つ一つに全てをかける

みなさんお元気ですか?
最近は、お刺身と白米を口いっぱいに詰めることが大好きなダンゴムシと申します。

もっりもりごはんを食べたおかげか、今年は夏バテせずに元気に過ごせました!
今は季節の変わり目。気温の変化で体調を崩しがちなこの時期は、より体調管理に気につけたいですね。

本日は、所内審査のセリフ原稿を添削指導していただきました。
お調子者やひねくれ者、小学生やお父さんなど自分で考え、厳選したセリフにそれぞれの個性が感じられます!

「セリフ一つ一つ、言葉一つ一つに全てをかける」
私達が目指しているのは、人の心を動かすことです。それは決して簡単なことではありません。人の心を動かすには、とてつもないエネルギーが必要です。
セリフについて必死に考え抜き、一つ一つを大切に、自分の全てをかけて演じる。
平松さんは熱く私達に教えてくださいました。

そして、もう一つ大切なこと。
それは「楽しむこと」です。
恐れずに心から思いっきり楽しむことで、自分のリミッターが外れ、より豊かな表現をすることができます。

私は演じることが楽しくて大好きだからこそ、思い通りの演技ができないととても悔しいです。
しかし、その悔しさが力になり、自分に足りない力を身につけようとやる気がガンガンみなぎってきます!うおー!!!!

セリフ原稿は、自分で作ったということもあり、自分の世界の中だけで考えてしまい、客観的に見ることができなくなっていた部分がありました。
今回のレッスンで、狭くなっていた世界がパッと広がりました!

所内審査まであとわずか….
もう一度自分を見つめ直し、成長した姿をお見せできるように全力を尽くして準備します!!
メラメラ燃えるダンゴムシでした!

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!