怒りの中にも愛を溢れさせろ

お外はもう上着無しじゃ寒いくらいの気温ですね。
分厚いお布団なしじゃ夜は過ごせません。
今週の日記担当はお布団大好き「何奴布団」です。
在宅の8割はお布団の上です。

それでは今週の稽古情報をお伝えします。

恐らくこの日記をご覧の方はご存知かと思われますが、毎週稽古ではAパートで基礎練習、Bパートで輪になって発声やマジカルバナナ、そしてCパートで課題、といった流れを行なっています。

査定が終わり稽古も後半戦ということで、Bパートの発声練習が先週からレベルアップしました。ただ発声して相手に届け伝えるだけではない。届くのはもう当たり前、向かいの相手に「話しかけ」伝えるというのがプラスされました。もちろん、あいうえおいうえおあ、と発声練習で使っていた言葉を用いります。

どんなことを話しかけよう、どんな風に伝えようと試行錯誤する時間がまた楽しい。言語的には意味のなさない言葉の羅列、だからこそ自由な発想が生かされて皆が何を話しかけ伝えようとしているのか想像するのもまた楽しい。

課題では、前回に引き続き前半でナレーション、後半は新たに台詞を演じました。

ナレーションは、前回各々に伝えられた方向性やご指摘を改めさらにプロミネンスやアクセント、響きを使いしっかりとした日本語で話せるようご指導いただきました。

自分はどうも腹の力が弱いのか、文末が掠れてしまい、指摘をいただきました。専門学校時代は今よりも本ッッ当に声量が無く、何度も声を張れと言われていました。以前と比べれば大分響きをのせられるようになってきましたが、ここでまだ腹や響きが弱いことを痛切に実感。唸りがでます。く゛や゛し゛い゛。
基礎練習に力が入りますね。
本日もお布団の上で練習、練習です。

さて、後半の台詞です。こちらは蒲田行進曲という作品の舞台バージョンの台本を頂きました。専門学校以来の新たな舞台台本を手に取り、自分ワクワクが止まりませんでした。演じていても本当に楽しかった。

しかし手に取りたての我々の芝居は蒲田行進曲ファンの平松さんには当然足りず届かず。映画版の動画を観せていただき熱烈な説明も受けました。

渡された台本を読んで説明を聞いただけでしたが、2分の動画で思わず涙腺が緩みました。登場人物の想いが伝わってくる素晴らしい2分でした。

階段落ち、あれだけ血を流してボロボロになっているのに好きな人のためにと一途に落ちる姿はたまらなくかっこよかった。でも見ていられない。痛そうすぎる。でもかっこいい。たまらん。ああ。。。

その作品のワンシーンの台本をいただきました、お互いのやるせない気持ちをぶつけ合う熱いシーンです。怒鳴り合いだけれど、でも登場人物みんな、お互いが好き故の怒鳴り合いのため、怒りの中にも愛を溢れさせろ、という指導をいただきました。

愛のある怒鳴り。怒りたいわけじゃないのに、複雑な想いが交差してどうしても怒ってしまう。

胸が苦しくなりますね。

そして蒲田行進曲の音楽だけでも涙腺が揺れるほどこの作品が大好きな平松さんが稽古の最後に、僕を君たちの芝居で泣かせてくれと、要求はそれだけだと仰り。

我々のハードルが上がり、気持ちもアガります。

これはとことん読み込まねばと。

次回の稽古に力が入りますねぇ!!楽しみ!!!バスタオル持たせるぞ!!!

長々となってしまいましたが今週の日記は以上です。
次回はどんな日記になるのでしょう。

以上、猫の掛け布団の中から「何奴布団」がお送りしました。

『今宵も月は、』

締切を過ぎても原稿が送られてこない。
電話をかけても繋がらない。
そんな小説家・夏目の家を訪ねて田舎までやってきた編集者の宇佐美
誰かと見上げる月は、今宵も美しい…―――。

【CAST】
宇佐美:工納由衣
夏目:佐伯岳紀

【シナリオ】
朝比奈綾子

【イラスト】
有川なずな

【演出】
平松広和

◆シーズンズ
ガジェットリンクの新人声優によるオムニバス形式のボイスドラマ。
毎月「季節」をテーマにさまざまなオリジナルストーリーを配信して行きます。

感情に負けない、しっかりとした日本語を話す。

みっなさ~ん!
彩華(あやか)です♪
覚えていらっしゃいますか?

覚えている方はお久しぶりです!
そうでない方も、初めまして!
これから、よろしくお願いいたします♪

ここ最近、急に寒くなったり雨が降ったりで、天気の悪い日が続いていますが、体調崩されていませんか?
私、雨の日は結構好きなんですが、ここまで酷い日が続くと滅入っちゃいそうです…。
自分の体からのメッセージ、見逃さないようにして、元気に頑張っていきましょう!!

さてさて!暗い話はこれぐらいにして、今週のレッスンについて、お話ししますね♪

先週は、「ナレーション」を行いました!
きちんとした日本語を話さなくてはならないナレーションは、セリフとは違い、感情でのごまかしがききません。
なので、セリフとは違う緊張感が、読む時にはあります。
感情に負けない、しっかりとした日本語を話す。
レッスンでも言われましたが、その訓練をするのに、ナレーションは適材なんです♪

セリフだけでなくナレーションも、全てこなせてこその声優ですから!
頑張っていきます!!

ではでは!
本日はこのあたりで、失礼致します♪
またお会いできる日まで、皆さんお元気で!

話していない時にそのキャラクターをどう演じるか

2回目書きたいなぁ~と思っていまして念願叶いました!
なるみんです(*´-`)

前回のレッスンに引き続き6人でのお芝居をさせていただきました。それぞれのキャラクターの個性を活かしつつ、演じるというのはとても大変で、まだまだ自分の演じているキャラクターに対する考えは甘いんだなぁと、とても痛感するレッスンでした。

声で表現をする意識とキャラクターとしてその世界に存在し、生きるとはどういうことか。しっかりと改めて考えなければならないと強く思いましたし、やはり、私は時間を有効に使うのが下手くそなんだと今回のレッスンですごく実感しました。自分のやりたいことが必ずしも正解ではないから、いろんなパターンを想像しなければいけない。そして何よりキャラクターが喋る台詞に気持ちを上乗せし、話していない時にそのキャラクターをどう演じるかが大切だと、とても感じました。

まだまだ自分を見直す部分や毎回のレッスンで学ぶことがたくさんあるので、レッスンがない日でも日々精進し、次のレッスンでそれが活かせるようにしていきたいです!!

長々とお付き合いありがとうございました!
それでは、また会える日まで。
以上、なるみんでした♪

ガジェットリンク新人声優育成プロジェクト

ガジェットリンクでは今、時代のニーズに応えられるよう、それぞれが持っている長所や特性を活かし、それを伸ばして行きながら、一人ひとりをしっかりとサポートし、全員が一人前の役者として「伸び伸びと成長していけるような環境作り」に力を入れています。

そのための取り組みの一つが『ガジェットリンク新人声優育成プロジェクト』です。

 

このプロジェクトでは演技力+αを目指しさまざまな事に挑戦しています。フリートークが得意な人にはフリートークを、イラストが得意な人にはイラストを、シナリオが書ける人にはシナリオを担当して貰い、一つのコンテンツをいっしょに作り上げていく。ラジオドラマだったら僕が演出をする――みたいな。

そんな風に、タレントを型にはめていくのでは無く、それぞれが持っているガジェット(個性や特性)をリンクさせて行く事で、その時の、そのメンバーでしか産み出せないものを、タレントとスタッフが力を合わせて制作し、表に打ち出して行く。

ガジェットリンクだからこそ出来る事を実現したいと思い、タレントの育成とプロモーションも兼ねてスタートさせました。

ガジェットリンクを設立してからもうすぐで10年が経ちます。

今までやって来た下地があるからこそ、やっとこういう試みが出来るようになりました。

頼れるスタッフもいるので、ここからが本当の勝負だと思っています。

事務所としては、ヤル気のある新人には例えレッスン生でもどんどんチャンスをあげたいし、このプロジェクトを通して、実際の仕事に対応できる実力や経験を養って貰えたらと考えています。

次期戦力の育成を主な目的にしているので、基本的に「事務所に入ってまだあまり時間が経っていない、駆け出しの新人声優が主役になれるプロジェクト」にしているんです。

自分一人ではなかなか出来ないこと、個性的なメンバーが集まっているからこそ出来る事、そういう事を、このプロジェクトを通して、声優業界に仕掛けていく「からくりの一つ」として機能させて行けたらと考えています。

◆現在進行中のプロジェクト