伝えたいイメージを聞き手に伝える技術

はじめまして!
初☆ブログを担当いたしますトルネード田中です。

はてさて、今回のレッスン内容なのですが…
まず、前回からの引き続きナレーションの総まとめを行いました!

やはり数週に渡って取り組んでいるだけありみんな完成度を上げていました。
その中で私が思うのは仕事でこの原稿に取り組むとなった時に自分でここまでのクオリティのものを作り上げることができるのかと言うことです。
自分がどう伝えたいのかその伝えたいイメージを聞き手に伝える技術を得るにはどうレッスンに取り組んでいくのか、レッスン以外の時間をどう過ごすのか。

この日は新しい掛け合いの原稿も頂いたのですがやはり「これがお仕事だったら」「どのように表現すれば聞き手にイメージ通りのものが伝わるのか」考えること取り組むことが毎回山積みです。

毎週が発表の場!

1日1歩と言わずどんどん進歩していきたいものです!!!

毎週頂くご指導をヒントに自分らしく表現して平松さんをギャフンと言わせてやるんだ!と毎週意気込んでレッスンに挑んでいるトルネード田中でした☆

アウトプットすることも課題なので閃け語彙力を心に次にお会いする時はステキなレッスンタイムをより明確に伝えられるようなっておきます…

自分自身の感情を入れずに事実を読み、伝える

もう6月ですね!1年の半分が終わってしまいましたね、早いなぁ!
みなさんはじめまして、みーこと申します!
今回はわたしが担当いたしますのでよろしくお願いします!!

さて、今回は準備運動や声出しをした後ナレーション中心にレッスンしました!

ナレーションでは、放物線を描くように、そして自分自身の感情を入れずに事実を読み、伝えるということを平松さんに教えていただきました。
正直ナレーションの読み方は以前から模索し続けていてどう読んだらいいのか分からずにいたので今回のレッスンを通して、少しでもコツを掴めたような気がします!

これから梅雨で憂鬱な日々が続きますが、虹色や星柄の傘を差してみたり、テンションが上がるアイテムを身につけて過ごしてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまたお会いしましょう!
みーこでした!!!

楽しくも濃密で刺激的、そして考える事ばかりな日々

どうも!皆様、初めまして!
ボールペンと申します。
本名から連想→連想→連想でボールペンです!
以後、どうぞお見知り置き下さいませ!

私事ですが上京して早3ヶ月、そして、レッスン開始から2ヶ月経ちました。

時が経つのは早いですね…!

5月のレッスンでは、殺しあったり(なんか物騒)、自分の読んだ本1冊を題材にフリートークしたり、楽しくも発見と勉強の濃密な時間を過ごして参りました。

殺し合いって何だか物騒ですが、物理!ではなく、声だけで『技』を発動し、相手にぶつけ、相手にぶつけられ、攻撃しあって戦う『殺し合い(笑)』を行いました。
その場や相手から繰り出される技を連想することが、如何に大切で難しいかを教えていただきました。

また、フリートークでは、普通の若い女の子(私)が話すのではなく、声優(私)として話すことの難しさを実感。
その違いを探しております。
ちなみに、私は大好きな本『黒蜥蜴(江戸川乱歩昨)』を題材にしましたよっ!!

また、そのレッスン全てに直接的な指導を頂き、齢18という未熟な私にも、わかりやすく教えてくださっています。

本当に感謝が尽きません!

この場を借りて、お礼を…。
ありがとうございます!

周りの方々が全員年上という事もあり、私自身とても刺激になることばかりです!

ここに来て、良かった!!(35億!風w)

そんなこんなで、楽しくも濃密で刺激的、そして考える事ばかりな日々を送っているボールペンを、これからもどうぞ、よろしくお願い致しますね!

齢18、上京したてで高校卒業したてのボールペンがお届けしました!

それでは、本日も良い日をお過ごしください!
またねっ!

ワタシタチ ハ 「フリートークのコツ」「腹式呼吸」「舌の使い方」 ノ アイテム ヲ ゲット シタ。

おはようございます!りんたんです。
今回は私が稽古場日記を書かせていただきます。

今日は四回目のレッスン。
正しい姿勢が一番楽な姿勢ということで、まずは正しい姿勢について学びました。
そして腹式呼吸。
新しく、丹田だけではなくおへその指3本上も意識するということを知ることができました!

また、前回とは違った筋トレや、舌の位置、巻舌のやり方、ハミング、「あいうえお いうえおあ ・・・」などの発声練習をしました。
言いにくい言葉がまだたくさんある・・・。
プロになるために完璧にするぞ!

そして、自分の読んだ本についての「フリートーク」もしました。
私は『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』という汐見 夏衛さんの小説を紹介しました。
が、緊張してしまい、考えて練習してきた言葉が出てこず、うまく紹介することができませんでした。悔しい。。

フリートークは「トーク」なので普段の言葉は使わないことや、トーンダウンしてはいけないこと、擬音をうまく使うことなどを教えていただきました。

「起承転結」が大事で、何を一番に伝えたいのか、どうインパクトを与えてどこに向かって話すのか。

これもまた難しい。
ですが、フリートークも絶対に必要なもの。
これも訓練して慣れないといけません。

じゃじゃーん♪

ワタシタチ ハ 「フリートークのコツ」「腹式呼吸」「舌の使い方」 ノ アイテム ヲ ゲット シタ。

私たちは日々アイテムや武器を手にしています。

そう。手にするだけじゃダメ。
知識だけあってもダメなんです。

全部自分のものにするんだ。

こうしている間にも時間はすぎていく・・・
よし。今やるべきことをやるぞ。

ということで、今回の稽古場日記は終了です。最後まで読んで頂きありがとうございました!!

『語っている自分』というキャラを作れ!

おはようございます。はじめまして。楪 ユエと申します。
本日の日記を恐縮ですが担当させて頂きます。
拙い文ではございますが何卒宜しくお願い致します。

本日は前回出されていた課題「小説を一冊読んでその本のプレゼン」から入りました。
作者被りはありましたが皆、それぞれ違ったタイトルの作品について語ってくださりました。
三度の飯より本好きの私は語り過ぎてしまい、「長い!」と言われてしまいました。
割りとフラットに語り過ぎて「『語っている自分』というキャラを作れ!」と言われる方々もおり、好きすぎて感情が先走り、言葉にならない方もいたりと、皆の思わぬ一面を見つけました。

また、レッスンのナレーションについては、カラオケの採点機能を例えに、出すべき音の高さや、伝えたい内容の伝え方を無駄な力を入れず、明る過ぎず、暗過ぎずをアクセントとプロミネンスのみで伝えるか、ゆっくり話す意識等ご指導頂きました。
次回までに頂いたアドバイスを元に切磋琢磨していきます!

長くなりましたが、本日の内容となります!

まだま、だありがたい教えはあるのですが…本日は此処までと致します。
では、またご機会ございましたらお目に掛かれればと思います。

以上、楪ユエでした。