読書をしましょう!!

おはこんばちわ!!
お初お目にかかります!
まかろん。です( ̄∀ ̄)

最近寒くなってきて、鼻水がとまりませ‥((
みなさんはいかがお過ごしですか??

さてさて、最近のレッスンでは、自分の読解力の無さを痛感してます。
自分の頭の中で描いていたものとは違ったものを考えないといけなかったり、
自分が演じるキャラクターの性格を考えて台詞の言い回しを考えたり‥‥など( ̄^ ̄)
読書は大事だなとしみじみ思っております。はい。

あとあと、想像力ですね!想像力が大事ですね!!※大事な事なので2回言いました。
キャラクターの感情を考え、想像し、セリフや間に反映していく。
アドリブもただ入れれば良い。というわけではなく、前後の会話や雰囲気を考えて入れなきゃいけない。
とてつもなく難しいです。
泣きそうになります( i _ i )
普段妄想はするのに‥想像はできない!笑

演劇の道に進みたいと思ってるそこのあなた!!今からでも遅くはないです!読書をしましょう!!
‥‥数年前の私に言ってやりたい‥!

では、今回はこのあたりで‥!
みなさん体調を崩さないように注意して、素敵なクリスマスを過ごしてください!

以上!まかろん。でした!

日々読解力を磨いていきますよ!

みっなさ~ん!
お久しぶりです!彩華(あやか)です♪

ここ最近で、冬の訪れをいっそう感じられるようになりましたが、皆さん体調崩されてないですか?
私は既に、ズボンを二重履きして生活しています…だって!すごく暖かいんですよ!笑
これからもっともっと!寒くなっていくようなので、寒さに負けないようしっかりと防寒をして、一緒に頑張っていきましょう!!!

ではでは!稽古場の様子をお伝えしますね♪

今回の稽古は、前半に2週間かけた台本の最終チェック、後半に新しい台本を使ったレッスンを行いました。
どちらの台本も、読解がしっかりとできれば、違和感なく演じられるのですが、できていなければ表現に嘘が発生してしまいます。

前半の台本では、読解が足りず悔しい思いをしたので、新しい台本ではよりしっかりと、読み込んでいきたいです。そして、よく指摘される通り、発想豊かに表現していきたいと思います!

もちろん!稽古で使う台本だけでなく、いただく全ての台本を読み込んでいきます!
その為にも、日々読解力を磨いていきますよ!

と言いつつも、今回いただいた台本は妙な自信があるので、のびのびと演じられる気がします♪
もちろん過信はしないように頑張りますよ!

ではでは!
本日はこのあたりで失礼致しますね♪
またお会いできる日まで、皆さん寒さ対策をして!お元気で!

演技とは役(キャラクター)として生きること。

平成最後の年末が近づいている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
2回目の登場となります、ゆっきーと申します。

街のあちこちにイルミネーションが施されていて綺麗ですね。
私は寒いのが大の苦手なのですが、イルミネーションがあるとテンションが上がって、寒さを忘れて外を歩き回ってしまいます。
今回のレッスンでも、テンションの上がる出来事がありました。…まあ、この場合の「テンション」とは、本来の意味である「緊張」を指しているのですが。
何がそんなに緊張したのかというと、レッスンに見学の方がいらっしゃったのです!!
レッスン場の後方で椅子に座り見学されていましたが、なんというか…授業参観の日?みたいな?緊張感がありました。
行なったのは通常のレッスン。普段のレッスンを、最初から終わりまで見学していただきました。
これって、すごいことだと思うんですよね。レッスンのいい場面だけとか、特殊なレッスンのときにとか、見学用に細工修正されたレッスンではなく、本当にいつも行なっているレッスンを見学していただいたのです。嘘偽りない姿を包み隠さず見れるって、学校や養成所を選ぶ上で、とても重要なんじゃないかなーって思いました。
今回の私たちのレッスンや演技している姿が、見学にいらした方々が今後を考えるための、何かしらのお力に少しでもなれていれば嬉しいなと思います。

さて、そんな見学の中行われた今回のレッスンは、先週の後半から始まった4人の掛け合いの台本の続きでした。
はっきり言って、今回はコメディ。前回の台本がド・シリアスな修羅場ものだったので、なんとなく落差が激しい気がしましたが、舐めちゃいけない。コメディはシリアス以上に台本の読み込みが必要で、修羅場と同様にエネルギーを使うのです。
コメディだからといって、面白く演じようとしてはいけない。コントとコメディは違う。という平松さんの言葉が印象的…というか、衝撃を受けました。そうか、コントとコメディは違うんだ…!
たくさんの本当の積み重ねの上に演技としての小さな嘘を乗せることで、面白くなる。コメディは繊細な作業だと痛感しました。
それから、演じる上で、その役を“誰か”に当てはめてイメージすることも有効だと知りました。役者さんやスポーツ選手やアニメのキャラなど、その役に合う人を当てはめてイメージすることで、よりその役をイメージしやすくなるのです。
この人(役)は、どう動いて、どう喋って、どう生きるのか。そういうことを、ちゃんとイメージする必要があるのです。ちゃんとイメージできないと…ダメですよね。役者なんだから。猛省です。

演技とは役(キャラクター)として生きること。
それは思っていた以上に難しく、思っていた以上に楽しそうです。
今更、そんな原点回帰かよ?!と思われるかもしれませんが、今だからこそ原点回帰できたのではないかと思います。ポジティブ、大事。
次回もこの4人コメディができるそうなので、今回できなかったことを次回に生かせるように頑張りたいと思います!…「活かせる」ではなく、「生かせる」。これ、ポイントです。
以上、現場からゆっきーがお伝えしました。
次回の稽古場日記も、お楽しみに!

会話で動きを考える

おはようございます!
今回担当させて頂くカジキマグロと申します!

現在私たちのやっている台本は、男性3人女性3人の計6人で行う日常会話(コメディ)を行なっています。

1週目に貰ったアドバイスは
「なんで会話になった途端に気を抜いて演じるのか。」
「どんなものを演じても汗をかくほど全力で取り組むべき」とのこと。

考えてみれば、メリハリがあるからこそ面白いものになったりギャップが生まれより良いものになると思い全力で行いました。
そして2週目に貰ったアドバイスは
「それぞれのキャラクターの容姿、場所、動き、視線、感情、をよく考えること」でした。

声でしか表現ができない声優だからこそそれぞれの言葉にキャラクターの性格や動き、視線、感情を乗せなければ伝わらないと改めて実感しました。

以上、カジキマグロでした!
ありがとうございました!

パワフルに!アイデア豊富に!

こんにちは、ぷぴいと申します!
今回初めて稽古場日記を書かせていただきます!

すっかり冬らしい寒さになりましたが、皆さん元気にしていらっしゃいますか?体調を崩してしまう季節ではありますが、手洗いうがいをきちんとして、よく食べて、よく寝て、規則正しい生活を送ってください(*^^*)

さて先日のレッスンなのですが、前半に今使っている台本の一部のセリフを通し、後半に新しい台本をいただいてレッスンを行いました。

まず前半のレッスンで、男女1人ずつの掛け合いなのですが、お互い非常にパワフルな演技をしなければならなくて、やったあとに「あ、自分、全然パワフルにやれてないじゃん」となってしまいました。あとに平松さんから全員に対して「もっとパワフルにやって!」という指導を頂きました。

そして後半のレッスンでは、新しい台本ということで、まずはそこに登場する4人のキャラクターを一通り演じてから自分のやりたいキャラクターを選びました。
この台本の題材がコメディーなのですが、とても頭を使わなければならなく、どうやったらクスッと笑ってくれるかなあと考えながら演じていました。しかしやったあとに「発想を豊かに!」の一言。

レッスンを受ける前にマジカルバナナをやっているのですが、そこでも「発想を豊かに!」と平松さんはおっしゃってくださいます。どのお芝居でも発想を豊かにして演じることは重要なのですが、今回のレッスンでさらに実感が湧きました。

まだまだ未熟なところが多い私ですが、どんどん成長できるように頑張ります!
拙い文章になってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
以上、ぷぴいでした!!