自分本位・自分勝手な演技

みっなさ~ん!初めまして、こんにちは♪
彩華と申します!
あ、本名じゃないですよ~!
高校時代、書道活動で実際に使っていたペンネーム(雅号-がごう-)です☆

さてさて、天気や気温の変化が激しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
体調…崩していませんか?
体調が崩れると、引きずられて気分も落ち込みやすくなってしまいます…。
自分の体が出すメッセージに敏感にッ!
無理はせず、夏に向けて体力・気力を蓄えていきましょう♪

それでは、今回のレッスン内容について触れていきますね♪

今回は、先週に引き続きセリフを行いました。
先週指摘されたことが、きちんと自分の中に落とし込めているかの復習を行ったのち、今度は実際にレッスン生同士でペアを組んで行いました!

自分の中でイメージしていたものを、実際に相手を立たせた状態でやる難しさを改めて感じました。
自分本位・自分勝手な演技をして、相手役を困らせることがないよう、しっかりと話し合いながら今回の作品を作り上げていきます!

これからのレッスンも頑張るぞ!☆

これからも、この稽古場日記は様々なレッスン生達が更新していきます!
よろしければ、またお越しください♪

それでは!
今回はこの辺りで失礼致します♪
最後までご覧いただきありがとうございました!

またお会いする日まで、みなさん(もちろん私も!)元気で、素敵な日々が過ごせますように☆

今回の担当、彩華でした!

今の動きは現実的に考えて有り得ない

皆さん初めまして!
今回の日記を担当します、ともちきです。

今回は感情を爆発させるセリフに動きをつけて「2人1組」で演じるというレッスン内容でした。と言っても相手役はセリフがないので行動と表情と仕草のみとなります。

これが、難しいんです!!

他の人が演じているのを見て「今の動きは現実的に考えて有り得ないよな」とか感じることはあっても、自分が演じる側になった時に気づかなかったりします。

演じてる上で「リアル」を考える。

実際に起きた場合、本当にそんな行動ができるのか。指摘されて気づくことが多かったです。

今回、私が考えたシチュエーションは「背中を向けた相手に想いをぶつけるが拒絶されてしまう」内容でした。

お互い前を向いて立っていれば拒絶と言っても目をそらされたり、顔を背けられたりなど、相手のリアクションを受けることができます。それを受けて自分の気持ちを作れます。だがしかし!背中を向けた相手からは何も受け取れるものが少ない。小さな動きがあっても爆発的な想いや気持ちは自分の中で作らなくてはなりません。それは難しい事だと教えてもらいました。

それ以外にも、「自分の役と相手の役は何歳なのか?」「性別は?」「二人はどんな関係なのか?」などなど考えなければならない事がたくさんあります!

アドバイスも貰って俄然燃えている私は次回のレッスンが楽しみです!難しいと教えてもらったこと出来るようにしてやろうと燃えてます!!

気温に左右される毎日ですが一緒に梅雨を乗り越えていきましょう!!

それでは今回はこの辺で!
担当はともちきでしたー☆

感情に負けない正しい日本語と滑舌

どうも皆さん初めまして!
今回初めてブログを担当します、餃子大好きギョ~ザです(笑)

さてさて只今レッスンではナレーションからセリフへと課題が移っています。
今回の課題が男女ともに感情を爆発させる内容なので私も感情全開で頑張っています!
感情に負けない正しい日本語と滑舌。これが今回の目的の1つです。
ただ、家ではなかなか練習出来ないので近くの公園とカラオケを活用したいと思います!練習あるのみ!!!!!!

ガジェットリンクでは様々なコンテンツを新たに展開中ですのでそちらも是々非々チェックしてみてください!

梅雨に入り気分も落ち込みやすい時期です。
しかし!そういうときにこそおいしいモノを食べて健康に毎日を過ごしましょう!(餃子とかね)

以上!今回はギョ~ザがお届けしました!
また、お会いしましょう!

感情は川の流れのように

皆様はじめまして!ぴっぴと申します!
中学の時からあるあだ名の一つです(笑)
宜しくお願い致します!

レッスン開始から2ヶ月も過ぎ…早すぎですね。

昨日は毎週やってる発声をやり、先々週からやってきた日本語をしっかり話す為のナレーションを一度やってから新しくセリフをやりました。

最初一度読んだときはこの人はどんな状況で相手とどの様に会話しているのかなど考えていたのですが、
先生に、まずは紙に書いてある文章を読解して作者がどの様に読んでほしいのか、
例えばビックリマークや、強調する言葉が付け加えられてる文章など、
感情抜きで文章だけから読み取れる事、意図をしっかり踏まえた上で、どんな状況かそして感情を入れてくという事を教わりました。

また、感情は川の流れのように、相手との会話で表は変わっても根底は変わらない。
演者は先の事をわかってるけどキャラクターは先かどうなるかわかっていない。など色々沢山教えていただきました。

頭ではわかってるんだけどなかなか出来なくて…とても難しいです…。
早くものにしなきゃ駄目ですね…。がんばりまっす。

個人的には口の形の訓練もしなくてはなのでひたすら割り箸で舌を押さえつけてます。地味に痛いです(笑)
課題はドカンと山積みですね!

それではこのへんで!読んでいただきありがとうございます!

基礎から叩き上げる努力

おはようございます!とっちーです。

今年度のレッスンが始まり早2ヶ月が経ちました。

基礎となる身体作りと発声を鍛えながら、ナレーション・セリフの稽古をしています。

同期の人たちの演技を見聞きしていると、自分が考えたシチュエーションとは違った発想でやっていて、『なるほど、それは思いつかなかったな』『面白いな』などと目から鱗が出るような発見があったりして、楽しいです。

平松さんからの指導で、滑舌の甘さや語尾までの意識などの足りなさが、段々と意識できるようになってきました。

感情だけでどうにかしようとしてしまっている無意識の甘さに鞭打って、基礎から叩き上げる努力を怠らないように精進したいと思います!!