芝居は役者が表現できている満足感を得るものではなく、見ている相手に伝わるかどうか

みなさん、こんにちは!
日記担当のヒロです!

年が明けてもう半月が過ぎました。
所内審査を目前に控えている今日この頃、1月に入ってからは所内審査を視野に入れながらのアドバイスが増えてきています。

さて、今週は見学者さんあり!
新しい台本を渡されてのレッスンです。

登場人物は美術部の先輩と後輩。
後輩想いの先輩と、口下手で大人しい後輩のやり取りです。

台本を理解するのに必要な時間は?から尋ねられ、皆で指定した時間(10分後)に発表。

台本に目を通して3点リーダーが多いなぁ…と感じていたので、自分なりにキャラクターの心情を出してみたのですが、発表後に若干の違和感。

みんなの発表を聞きながら、台本と照らし合わせてみて、自分の違和感に気付きました。

まず、流れを作る先輩が、口下手な後輩のスピードに合わせてしまってリズムがもったりしすぎてしまうこと。

体の状態に合っていない、嘘の台詞を飛ばしてしまうこと。

シーンの切り替わりが出来ていなくて、メリハリのない作りになってしまう事などが違和感の正体でした。

返し稽古をしている時にしきりに平松さんが仰っていたのは「細かく、緻密に考えること」でした。

表情が表に出にくいキャラクターなら、心がどう動いているのか。その結果やっと出た台詞はどう揺れるのか。

話を展開していくキャラクターの気持ちが変わるスピード、反応速度はどうなるのかなど。

そして最後に言われたことは「芝居は役者が表現できている満足感を得るものではなく、見ている相手に伝わるかどうか」ということでした。

所内審査は自分が考えた台詞とナレーションで挑むからこそのアドバイスでした。
自分が思う場所、空気、心情が伝えられるように、頭を使いながらも大胆に表現したいと思いました!

さて、次回のレッスンはガジェット入所初のエチュードらしいです!!
私は個人的に苦手意識がありますが、格好つけない等身大の私でぶつかっていきたいと思います!

お付き合い頂きありがとうございました!
ヒロでした!

相手にちゃんと変わったことが伝わらないと意味がない。

どうも元気だけが取り柄のおもちです。
体調の自己管理も仕事のうち!!
そこだけは基本満点であります( ̄∇ ̄*)ゞ
体調管理、皆さんも気をつけて!!

『変えて』と言われて自分では変えた気でいたのです。
気だけではだめ。つもりもだめ!!
録音した自分の声はほぼ変わってないじゃないか…

相手にちゃんと変わったことが伝わらないと意味がない(>_<)

そしてまだまだ、自分の声の特性、話し方の癖をわかりきれていない。
言われて気が付く。悔しくて悔しくてしょうがない。
その場で改善できない自分が情けない。本当の現場だったらアウトだなぁ。

その日のうちには変われなかったけど、次のレッスンでは変わったねと言われるように頑張ろう。考えは止めちゃだめだ!!

平松さんは疲れるだろうけど見捨てないでアドバイス、指摘をくれる!!
伸びしろだらけということだ!!よし。
これからもよろしくお願いします(>_<)

レッスンもどんどん残り少なくなってきてしまってるけどすべての意味で大きく変われるように一つ一つクリアしていくぞーー!!

相手にどんな感情を向けてるのか。相手を揺さぶることができるのか。

皆さんこんにちは!
日記担当のねるです!

12月に入り、日も短くなりましたね。
風邪など引かないよう、体調管理には気を付けましょう!

今年のレッスンも残すところあと一週…!!
今週と来週の二週で新しい台本を仕上げていきます!

今回渡された台本は兄と妹という、二人芝居用のものでした。

先ずは一通り目を通してから演じてみて、そのあとにこの台本はどういうものなのか擦り合わせをしました。

兄の犯した罪は?
妹の立場は?

など、みんなそれぞれ思うことはあるはずなのに決まった人ばかりが発言をして、他の人はなかなか口を開くことが出来ていませんでした。

“何かしら感じながら演じたはず”
“意見交換が出来ないようなら現場に出られないよ?”

と平松さんからのご指摘がありました。

今までも台本の読み込みが甘くて指摘されることはありましたが、それを怖がっていては先に進めないなと改めて実感。

先ずは声に出して、自分の考えを自分自身が認識して、台本とのズレを自覚することが大事だと思っているので、このレッスン場での失敗は怖がらないことが大事だと思います。

年明けにはまた所内審査があるので、このような台本に対する向き合いかたには、もっと精度を高めたいと思いました。

次回は擦り合わせをした上でのやり取りです!

相手にどんな感情を向けてるのか。
相手を揺さぶることができるのか。

今年最後のレッスン、全力でぶつかっていきたいと思います!
以上、ねるでした(^^)!

相手との呼吸を合わせながら自分の頭の中で考えてる事を順序立てて話す

皆さんこんにちは!
久しぶりの稽古場日記
担当のまんまるです ( * ॑˘ ॑* )

11月レッスンでは兄妹(姉妹)の台本に挑戦しました!

レッスンの見学に来られてる方がいらっしゃって
ほんの少しドキドキしました。笑

セリフの最後にアドリブを加えて
芝居が終わったら…
そのままフリートークに突入!!

家に帰って録ったもの聞き直してましたが
「あの」「えーっと」「ハイッ」
乱用していました… (꒪ ꒪)

突然の自己紹介をしてしまったり
いきなり終わりにしたり
これじゃあ聞いてる人もびっくりだな(^◇^;)っと改善したいところが沢山出てきました。

打ち合わせなく、今回やってみましたが
相手との呼吸を合わせながら自分の頭の中で考えてる事を順序立てて話す練習をしなければと思いました。

それから…ガヤについても大事な事学びましたよ!!
街に溢れた情報をキャッチして活用できるようアンテナはって過ごしたいと思います。

今年のレッスンもあと残り僅かです!
早い…早過ぎますっ!!

寒くなってきたせいか体調崩しがちでレッスンのお休みが増えてますが
私も気を引き締めて取り組んでいこうと思います!!

今回もお読みくださりありがとうございました ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

喋りやすく喋ってはダメ

皆さんこんにちは!
今回も稽古場日記を担当します、ヒロです。

今回は前回の続きから!
先週渡された台本をさらに読み込み、演じました。

高校生の男女の恋愛模様を、みんなどんな風に作り込んできたのかチェックしてもらいました。

先週はキャラの掴みが甘く、句読点や三点リーダーを抜かしてしまい、自分が喋りやすく喋ってしまっていました。
一週間で各々がそれを消化してきたかな、とみんなのものを観ていて思いました。

“喋りやすく喋ってはダメ。自分が気持ちいいリズムや感情で喋られてもお客さんは観てられない”ということを再認識し、人が観ていて楽しいものは、役者にとっては苦しい位置にあるんだということが、またひとつの気付きになりました。

そして、感情で考えて演じた後に渡されたものは、久しぶりのナレーション原稿。
しっかりした日本語が喋れるのか、身構えていて苦しそうな人も何人かいました…。

アクセントやプロミネンスをしっかり捕らえていれば、いざ感情の乗った台詞を喋るときに台詞に振り回される事がなくなるということでナレーションに立ち返っているそうです。

何が言いたいのか、言葉の意味を理解するためにも、ナレーションは自主的にやっておいた方がいいという最初のアドバイスを思い出しました。

5月にもらったはじめのナレーション課題は今でもやっています!

次回はナレーションの復習から!
自分の発した音を繰り返し聞いて、相手にとって聞きやすいナレーションに仕上がるようにしていきたいと思います!

それでは今回はこの辺で!
ヒロでした!