Hはかく語る#07.努力という言葉の意味

簡単に使ってしまうのだが、『努力』という言葉の意味を最近よく考える。 
何故なら、『努力』って、かなり難しいモノだから…教える者としてキチンと整理しておかなければ生徒に申し訳ないと思ったからだ。

努力をし続けられる事を『才能』と呼ぶ。

と、いう言葉を時々使うことがある。

とすると、『努力』するということは、基本的に辛いことなのか?
辛いことを我慢して頑張ることが…『努力』するという事なのだろうか?

確かに、『努・つとめる』には、『力を尽くす・はげむ』という意味がある。
では『力を尽くす』とは?本当に人は、何かを成そうとする時、力を『尽くし』ているのだろうか?

養成所生に『努力』しろとか、まだまだ『努力』が足りない等とか、簡単に口にしてしまう。
その際、生徒は、立場上余り口答えできないので『はい』と返事をするが、本当は彼らなりに『努力』しているのだと思う。

では、何が足りないのだろうか!?

などと、答えが出そうにない事を延々と考え続けるのである。

そして少し気付いたことがある。

また関係各位から反論という名の集中砲火を受けそうだが、恐れずに言うと…『成功している人の中には、努力なんてしていない!と、言える人が何人もいる』ということだ。

彼らにとって、声優になる為に力を尽くすということは、『楽しみ』以外に他ならない事だったはずだ!
だから、そこには苦しみは存在しない、自分が成長していくのを確認する楽しみ・喜びが有っただけだ。

そんな人を 人は『天才』と呼ぶのだろう。

そして、貪欲に楽しみを貪りたい天才達は、その上に『努力』をしようとするから…手に負えない。
そんな先輩達に追い付き、追い越すためには…いくら必死に『努力』しても無駄なのだ!
むしろ『努力』を『努力』と思わず、『楽しむ』ことが一番じゃないのだろうか?
だって、皆 『ゲームをしていて、気づいたら朝になっていた』と、楽しそうに良く話しているじゃないか!!
何事も楽しんでやるのが一番!苦しんでも仕方が無い!!!
その上で、まだ足りないと思ったら、『血を流す覚悟でする』、それが『努力』というものじゃないのだろうか。その覚悟をどれだけの人が持っているのだろうか?

楽しくOH!しゃべり場!#07.好きな声優さん

 以前、某TV番組のアンケートで『尊敬する声優は誰ですか?』というのがあった。
答える段階で・・・ハタと困った。

 その理由は明らかだ。私のスタンスとして自分より先輩の方々は全員尊敬に足る方々だと思っているからだ。

 そして、自分と同年代以下の人たちは、どんなに『上手い!』、『凄い』と思っていても尊敬はしない・・・それが、一役者として当然のスタンスだと思っているから。

 そんな私が『好きな声優』と聞かれたら、即答できる方が、二人いる。

 『山田康雄さん』と『池田昌子さん』

『山田康雄さん』のファンになったのは、『ダーティハリー』シリーズを観た時からだ。

 元々、ダーティハリーは映画館で観ていて大好きだったのですが、吹き替え版を観た時、痺れました!山田さんの演じられるクリント・イーストウッドは、色っぽく、ニヒルで、熱く・・・男を褒める時に使う全ての単語を並べても良いと思うくらい、カッコ良かった!だから『ルパン3世』が始まった時、毎週楽しみで仕方がなかった。

 アニメキャラでこんなにかっこいいキャラはいないのではないか!と思って見続けたが、2クール目になった途端の路線変更!

 いやぁ~、余りの変わりように驚愕、空いた口が塞がらなかった(勿論、面白すぎてです!)

 超ニヒルな前半のキャラ、超軽く明るい後半のキャラ・・・この真逆とも思えるキャラを完璧に演じられていた『山田康雄さん』
惚れ直しました!!

 ですから、仕方がないとは思いますが・・・お亡くなりになった時は、本当にショックでした。

 今でも、時々ダーティハリー等ご出演作品のDVDを見直していますが、原音好きの私にとっては本当に珍しい事ですが、専ら『吹き替え』で観ています。見る度に心が震えています。

 こんな素敵な声優さんに少しでも近付きたいと切に願って日々生きています。(笑)

楽しくOH!しゃべり場!#06.お勧めの・・・本編

台本を読む際、ライターさんの思いをしっかりと汲み取る為に『読解力』を鍛えなさい!と言うと、

読解力を鍛える→本を読む→何を読めば・・・??

ということになり、聞かれます。

『読解力を鍛えるために、本を読もうと思うのですが、お勧めの本は有りますか?』と。

すると決まって『何でもいいんじゃない、好きなの読めば!』と答えてしまう。・・・
だって、本って必死になって読むものでは無いと思うから!

勉強の為に読む本と自分の好奇心・探求心を満たす為に読む本では、まったくジャンルが違うと思うし、読書の習慣が無い人には、限りなく【睡眠誘導グッズ】に近い存在でしかないように思えます。
それでも・・・というならば、飽きないように 本当に好きなジャンルのモノを読みましょう!そして、文字に触れる環境を習慣付け、少しでも早く読めるようになりましょう!

因みに私は、と、いうと・・最近読書量がめっきり減ってきていて(その分PCと向き合う時間が増えてる気が)悩んでます。
そんな状況で、読書をする為に、自分に言い聞かせていることは、『最低、月4冊は読む』ということです。月4冊、ペースにして1週間で1冊。ね、これくらいなら大丈夫そうでしょ!?

そして飽きないように

1.巷で話題になっている本
2.自分の趣味の為の本
3.役者・講師を続けていく為の本
4.雑学的知識を広げる為の本

というようにジャンルが偏らないようにしています。

しかも、1冊づつ読み切るのではなく、同時に少しづつ読むようにしています。そうすることで、自分の脳が受ける刺激が偏るのを防ぐことができます。慣れないと結構面倒かもしれませんが、慣れると全く苦も無く同時に本を理解していけるようになります。
これを続けると読書スピードがかなり速くなります。速くなると、読みながら【考える】余力が生まれてきます。考えながら読めるようになると、文章の裏が、見えてきます。
一度試してみて下さい。

因みに先月私が読んだ本は、

1.君の膵臓をたべたい
2.平成特撮世代
3.感情類語辞典
4.自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド

です。この他にも読んではいますが、まあこんなもんです(笑)
皆さんも難しく考えず、興味のあるものから手に取って、文字と触れ合いましょう!

Hはかく語る#06.声優としてのスタンス

 夢・目標など色々な言い方をするが、このブログを読んで下さっている皆さんの多くは、とにかく『声優になる』ために努力をしている人が多いはずだ。
 では、『声優になる』とは、どういう事なのか、冷静に考えた事はありますか?
 『職人技』と言われていた声優という仕事が、現在エンターテインメント化と、IT技術の発展、拡散により、非常に希薄なものとなりつつある。
 そう、誤解を恐れずに言うと、現在は やりたければ誰でも『声優』になれる!と言っても過言ではない時代になってきたのだ。
 自宅録音した音源をネットにアップし多くの人に聞いてもらう、好き勝手にラジオ番組を制作する。これらの行為を行っている人をフリーランスの声優といいます。嫌な言い方をするとネット声優。
 フリーが悪いと言っている訳ではないし、見下しているいる訳でもありません。どんな世界も『玉石混淆』、素晴らしい人はたくさんいます。ですが、それ以上に楽しいからとか、やりたかったから、という軽い気持ちでいる人が多すぎます。
 そして、これらの人達の多くは、『出来るなら・経験が積めるならノーギャラでもやりたい』と、考えてしまいがちです。
 ですが『声優を目指す』なら、キチンとギャランティをいただける『職業』として『声優』を目指して欲しいのです。
 平たく云えば、バイトでは無く、正社員になりましょう!ということです。正社員として多くの責任を抱えながら、仕事を達成していく!そして、職業、いや生業として、演技をし、その対価として報酬をいただく・・・
 そんな風に考えてみて下さい。『声優』という仕事は、人生を賭けるに値する素晴らしい職業だと思います。
 まっ、道のりはとんでもなく険しいですが!

Hはかく語る#05.ダメ出しを下さい

時々、レッスン後に質問をしに来て『ダメ出しを下さい』と言う人がいる。

そういう人(初心者は別として)には、先ずお説教をすることにしている。

『演技者(それを志す人も含む)が人前でする演技はいつでも自信を持ってしなければな
らない』と考えるからです。

『今日の課題に対し、私はこう考え、こう伝えようとして演技しました。そう聞こえましたか?』これが、正しい質問の形式ではないでしょうか?

『私の演技に何処かいけない所は有りますか?』という質問が良い質問だとは思えないですよね、でも『ダメ出しを下さい』というのは、概ねそういう意味の言葉です。

そんな自信のない事では、ダメです。喋る時は絶対の自信を持って喋って下さい。そして、何も言われなかったら、『方向性は間違っていない』ということです。

但しそれで完璧な訳ではないですよね。

そこから、更に読解を深め、キャラの感情の流れを複雑に、そして聞いてくれる人にもっと感情をはっきりと伝える為の努力をして下さい。それが大切だと思います。

ダメ出しを欲しがり、ダメ出しを聞いて安心したがるのは、自信を持って演技していない自分の弱さだと、思ってください。