課題は尽きません。

はじめまして、サンバといいます。

今こちらでは、2人1組でやるミニ台本に挑戦中です。
この台本は自分の本心を隠していたがどんどんボロが出てくるというもので、僕は役の感情の流れや考えていることがうまく読めず、どうしても乱暴な喋りになり、悪戦苦闘中です。

稽古終わりに平松さんに聞きに行ったところ、やくざ風になってる。悪ぶってる=やくざ、ではない。役に合った悪ぶり方がある。と聞き、まだまだ読み込みが足りないと実感しました。
仲間からも僕がが演技中にあごをしゃくって台詞を言っていたり、かかとが浮いていたりしたと聞き、自分が感情を出そうとするあまり、力任せになっていたのだと認識させられました。
課題は尽きません。

次回はミニ台本、後半戦です。
目標は貰ったアドバイスをしっかりと表現できるように考え、固めること。長台詞があるので途中で集中を切らさないように注意していきます。

そしてこちらからも返せるように、仲間の演技を今まで以上に鋭く「視て」、「聴いて」いきたいと思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

サンバ、でした!