台本を読む際、ライターさんの思いをしっかりと汲み取る為に『読解力』を鍛えなさい!と言うと、

読解力を鍛える→本を読む→何を読めば・・・??

ということになり、聞かれます。

『読解力を鍛えるために、本を読もうと思うのですが、お勧めの本は有りますか?』と。

すると決まって『何でもいいんじゃない、好きなの読めば!』と答えてしまう。・・・
だって、本って必死になって読むものでは無いと思うから!

勉強の為に読む本と自分の好奇心・探求心を満たす為に読む本では、まったくジャンルが違うと思うし、読書の習慣が無い人には、限りなく【睡眠誘導グッズ】に近い存在でしかないように思えます。
それでも・・・というならば、飽きないように 本当に好きなジャンルのモノを読みましょう!そして、文字に触れる環境を習慣付け、少しでも早く読めるようになりましょう!

因みに私は、と、いうと・・最近読書量がめっきり減ってきていて(その分PCと向き合う時間が増えてる気が)悩んでます。
そんな状況で、読書をする為に、自分に言い聞かせていることは、『最低、月4冊は読む』ということです。月4冊、ペースにして1週間で1冊。ね、これくらいなら大丈夫そうでしょ!?

そして飽きないように

1.巷で話題になっている本
2.自分の趣味の為の本
3.役者・講師を続けていく為の本
4.雑学的知識を広げる為の本

というようにジャンルが偏らないようにしています。

しかも、1冊づつ読み切るのではなく、同時に少しづつ読むようにしています。そうすることで、自分の脳が受ける刺激が偏るのを防ぐことができます。慣れないと結構面倒かもしれませんが、慣れると全く苦も無く同時に本を理解していけるようになります。
これを続けると読書スピードがかなり速くなります。速くなると、読みながら【考える】余力が生まれてきます。考えながら読めるようになると、文章の裏が、見えてきます。
一度試してみて下さい。

因みに先月私が読んだ本は、

1.君の膵臓をたべたい
2.平成特撮世代
3.感情類語辞典
4.自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド

です。この他にも読んではいますが、まあこんなもんです(笑)
皆さんも難しく考えず、興味のあるものから手に取って、文字と触れ合いましょう!