所内審査まであとわずか!

生徒のみんなは緊張でいつもより食欲が旺盛になり、体重計に乗るのが怖い。なーんて日々を過ごしてます。

え?

私だけ?

…ご飯が美味しい季節ですね。

さて!自己紹介が遅れました。

わたくし『ひなこ』と申します ( ‘ω’ )ノ はじめまして~。

いつも適当にふざけたことばかり言っているので、クラスでは完全にボケ担当扱いです。
私だってツッコミくらいできるんですからね!

そんな私が今回満を持してブログに初登場です。

さーて。何を書こうかなー。みんなは何書いてほしい?
…レッスンの内容?真面目だねえ。
じゃあちょこっとだけ教えちゃいましょう!

「ちょこっとじゃなくて全部書かんかーい!」

ほらね。ツッコミもできたでしょ?

雑とか言わない。

ではまずレッスンが始まる前の様子からいきましょう!

今日は早口言葉をやりました。
みなさんはこれ言えますか?

「旅客機100機 客各100人」

滑舌練習のための早口言葉ってあれでしょ?一つ一つちゃんと発音できてれば早口じゃなくてもいいんでしょ?こんなの余裕だよね~?

ってね。自信満々にやってやったわけですよ。

「リョカッキ ヒャッキ キャクキャ…」

「リョカッキ ヒャッキ カク…」

「ロカッ…」

言えてないじゃん!
ゆっくりでも言えてないじゃん!!
むしろこれ3回繰り返すやつなのに1回も正しく言えなかったじゃん!!!

言えると思ってたのが言えないってかなり悔しい…。

他にもいろいろな早口言葉があったので、隣にいた子に「これ3回言ってみ?」と無茶ぶり。
また自分が言えなかったら恥ずかしいからってね、他の子に言わせるなんてね。
でも彼女、ちゃんとすらすら言えるじゃありませんか。

…悔しい!

とは顔に出さず、言い終わった彼女にすかさず肘を指さして「ここは?」

「ひざ。……あーっ!」

…とまあ可愛いオチがついたのでそろそろ本題のレッスンの話をしましょうかね。

注意※早口言葉は肘とも膝とも全く関係のない内容でした。

所内審査の前の特別レッスンは今回で3回目!
そして、ラストです!

今回の内容は、過去2回で細かくご指導いただいたナレーションとセリフのおさらいです。
今までに講師の平松さんに言われたことを思い出し、全力でやりきりました!

1回目のときに言われた「声が出ていない」という指摘。

なんとかしなければと思った私はセリフ3つのうち2つを変更。
声を前に出せて、かつ感情を3つ以上込められる内容に。
ナレーションも合わせて、今回のレッスンでなんとか形になったんじゃないでしょうか。

あとはもう緊張との戦いだ!!

そう。緊張との戦いなんです。
実は今回、おさらいが終わったあと、本番の流れにそって順番通りに座り、本番同様にやったんです。

私は順番が最後の方なので、最初の方の人たちがやっているときは心に余裕があったわけですよ。
来週は緊張するだろうから、こんなに穏やかな気持ちでみんなのを見るのは今日が最後かな。なんて思いながら。

しかし、自分の順番が迫ってくるにつれて緊張メーターが急上昇。3人前くらいからもうね、やばかったです。

何もないのに喉に異物があるような気がする…!

必死に唾をごっくんごっくんする私。
前の人の順番が終わり、次は私の番…!

「次」

「…はい!」

所内審査、本番まであとわずか。

緊張を想定した練習をしよう。
そう心に誓った、ひなこであった。

《完》

レッスンの内容、なんだか真面目に書いちゃった気がするなあ…。
いや、いいんだよ。真面目に書いていいんだよ。真面目にレッスン受けてるんだから。

なんだったら変な文章が無いか読み返しすぎて面白いと思ってもらえるかどうか自信がなくなってきたよ。

ねえ、みんな、面白いですか?(聞くな)

かなーり長くなってしまったので、今回はここまで!
最後まで読んでくれてありがとうございました((*_ _)
スクロールを頑張った指を労わってあげてくださいね。

お相手は、帰り道、道路に面したとあるアパートの自転車置き場に洗濯機が置かれていて、2度見ならぬ3度見をした、ひなこでした~ ( ‘ω’ )ノ またね!