自分で用意したのだから分かっていて当然?

9月に入り、いよいよ審査が間近に迫って来ました。

各自用意したセリフとナレーションの原稿をよく読み込み、それを全て出しきるために、自分含め、皆四苦八苦しているようです。

自分で用意したのだから分かっていて当然と思いがちですが、いざやってみると、実は何も分かっていなかった、分かっているのにそれが表現できなかったなど、9月最初の対策レッスンは「自由故の難しさと向き合う」形になりました。

レッスンはあと1回、審査まで残り少ない時間でどれほど練り込み、作り上げることが出来るのか。

今までの稽古で培ったものを十二分に出し、最高の状態で審査に臨みたいです。