セリフ一つ一つ、言葉一つ一つに全てをかける

みなさんお元気ですか?
最近は、お刺身と白米を口いっぱいに詰めることが大好きなダンゴムシと申します。

もっりもりごはんを食べたおかげか、今年は夏バテせずに元気に過ごせました!
今は季節の変わり目。気温の変化で体調を崩しがちなこの時期は、より体調管理に気につけたいですね。

本日は、所内審査のセリフ原稿を添削指導していただきました。
お調子者やひねくれ者、小学生やお父さんなど自分で考え、厳選したセリフにそれぞれの個性が感じられます!

「セリフ一つ一つ、言葉一つ一つに全てをかける」
私達が目指しているのは、人の心を動かすことです。それは決して簡単なことではありません。人の心を動かすには、とてつもないエネルギーが必要です。
セリフについて必死に考え抜き、一つ一つを大切に、自分の全てをかけて演じる。
平松さんは熱く私達に教えてくださいました。

そして、もう一つ大切なこと。
それは「楽しむこと」です。
恐れずに心から思いっきり楽しむことで、自分のリミッターが外れ、より豊かな表現をすることができます。

私は演じることが楽しくて大好きだからこそ、思い通りの演技ができないととても悔しいです。
しかし、その悔しさが力になり、自分に足りない力を身につけようとやる気がガンガンみなぎってきます!うおー!!!!

セリフ原稿は、自分で作ったということもあり、自分の世界の中だけで考えてしまい、客観的に見ることができなくなっていた部分がありました。
今回のレッスンで、狭くなっていた世界がパッと広がりました!

所内審査まであとわずか….
もう一度自分を見つめ直し、成長した姿をお見せできるように全力を尽くして準備します!!
メラメラ燃えるダンゴムシでした!

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!