時々、レッスン後に質問をしに来て『ダメ出しを下さい』と言う人がいる。

そういう人(初心者は別として)には、先ずお説教をすることにしている。

『演技者(それを志す人も含む)が人前でする演技はいつでも自信を持ってしなければな
らない』と考えるからです。

『今日の課題に対し、私はこう考え、こう伝えようとして演技しました。そう聞こえましたか?』これが、正しい質問の形式ではないでしょうか?

『私の演技に何処かいけない所は有りますか?』という質問が良い質問だとは思えないですよね、でも『ダメ出しを下さい』というのは、概ねそういう意味の言葉です。

そんな自信のない事では、ダメです。喋る時は絶対の自信を持って喋って下さい。そして、何も言われなかったら、『方向性は間違っていない』ということです。

但しそれで完璧な訳ではないですよね。

そこから、更に読解を深め、キャラの感情の流れを複雑に、そして聞いてくれる人にもっと感情をはっきりと伝える為の努力をして下さい。それが大切だと思います。

ダメ出しを欲しがり、ダメ出しを聞いて安心したがるのは、自信を持って演技していない自分の弱さだと、思ってください。