奮い立て!!

こんにちは、はじめまして!
今年からプロクラスになりました、アラサーをひた隠しに隠して、10代・20代の皆さんに紛れ込んでいる、さくらんぼです!

今回、ブログ初担当になりまして、何を書いていいのやら、苦悩してますが…拙い文章ですが、どうぞ最後までお付き合いくださいね。

先日のレッスンはいつも通り、前半が発声のための体作り(筋トレ的な要素を含むストレッチや運動)、五感を鍛えるゲームをして、後半から原稿・台本読みに入りました。

今回は、2つの原稿があり、まず一つが、ナレーション原稿。もう一つがセリフ台本です。

ナレーションは、前回、前々回のレッスンから継続しているもので、今回のレッスンが総仕上げの発表でした。感情に流されず、きちんと文章を詠み、伝える、というのが、今回の課題の一つです。

さて、前回までの注意点等をふまえ、心を込めて読みましたが、やはりナレーションは難しいな、といつも思います。セリフと違い、ナレーションは文章が長いです。それをずっと一人で詠まなければならないので、滑舌はもちろん、呼吸の使い方等、何もごまかせず、隠すことができません。今の自分の力量を、否応なしに痛感させられます。
今回で、しばらくレッスンではナレーション原稿を離れますが、日々、セリフだけでない文章を詠んでおかなければ、と思います。

さて、もう一つの原稿、セリフ台本は、登場人物二人が出てくる、さっと目を通しただけでも分かるシリアスな台本でした。

事前に原稿に目を通し、私たちはレッスンに臨み、とりあえず、一人一回ずつセリフ詠みをしたあと、この台本の背景について、みんなで考えました。

台本の奥深さに、雷を打たれようでした。

登場人物の性別、年齢、性格は、事前に考えることは多いですが、加えて、国はどこか、時代はいつか、その時の社会状況、それぞれの立場、それぞれの抱えている守るべきもの、セリフとその気持ちが本当に一致しているのか、この先はどういう結末になるのか…等々考慮すると本当に深いものがあり、とても軽い気持ちでは台本が読めなくなります。

そんな、楽しくもありつつ、深く奮い立つレッスンでした。

次回のレッスンも、がんばるぞ!