説明芝居ダメ、絶対!

初めまして、選抜クラスのシロと申します。
猫派です。

長々と挨拶するのもなんですので、早速本題に入りたいと思います。

今日のレッスンは二人ほど欠席して若干寂しくも感じましたが、一人ずつ見て貰える時間が増えたので、この機会を大切にすることにしました。

先週に引き続き、今日もしっかりと基礎練習をこなした後に、ボクが密かに楽しみにしていた原稿を使ってのセリフの練習に。実は自分、レッスン初日からずっとこの時を待ち焦がれていました。自分なりに読み解いて表現するのはもちろん楽しいですが、ボクは他人の演技を見るのも大好きなのです。特に養成所に入った人たちは大体が演技経験者ですので、皆がどんな演技をするのか内心ワクワクしていました。
なので、原稿が配られた時、こっそりガッツポーズしたものですよ。ええ。まあボクの欲望がわずかに満たされたことはどうでもいいか。

先週はまだ原稿を貰ったばかりなので、全員一度、自由に読んでみた後、書かれている文章を感情を抜いて正確に読む練習をしてから、イントネーションだけで表現を試みて、最後にもう一度自分なりに演技させてもらいました。
経験者とは言っても、やはり簡単なことではないので、ボクも含めまだ色々と苦戦していました。体を使わない「声だけの演技」だからこそ、ちゃんと状況を想定して心を動かさないと伝わらない。うーむ、難しい。

そこで今回は一通り読む練習をして、個人の癖を直していただいた後に、体を使っての演技もさせて貰えました!これは嬉しい。やはり実際に体を動かせば状況もわかりやすくなるし、心も動きやすくなります。

しかも今回の原稿、セリフを喋るのは一人だけですが、話しかける相手もちゃんといます。なので、原稿の内容だけではなく相手役をやる機会もあって、ご指導までいただけて、本当に嬉しいサプライズでした。やはり相手役がいて、ちゃんと反応が返ってくるのはやりやすいですね。もちろん、予想とは違う反応が返って来る場合もあるので対応力が問われますが。ボクなんか相手の優しさがつい心に染みましたね。

そして、今日教えていただいたことで一番重要なのは、

「説明芝居は絶対にやっちゃいけない」

ということだと思います。

役を考え、状況を想定して、ちゃんと状況に合わせてその役の気持ちになっていれば、見る人には自ずと伝わります。
それを「今はこういう状況だ」、「こういうことを表現したい」、という感じで芝居で説明しようとしたら、途端に芝居が嘘っぽくなる感じがします。

「こういうことだと思うからこう表現する」と「こういう気持ちになったからこうした」の、本当に微妙な差をどうやって理解して、説明芝居じゃない、気持ちで動かす自然な演技を手に入れるかは、ボクたちが早めに解決すべき課題だと思います。

皆さん、一緒に頑張りましょう!